hokenguide_images012

即加入!家族がいたら「人身傷害補償保険」に!

即加入!家族がいたら「人身傷害補償保険」に!の詳細

スポンサードリンク

交通事故が起きた場合、示談交渉が長引くと、保険金はなかなか受け取れません。
裁判になり期間が長期化する場合も即受け取れるのは難しいでしょう。
この場合、自動車保険の「人身傷害補償」が良い。
この保険は、自動車に乗っている人のケガの損害をカバーする保険です。

人身傷害補償保険は慰謝料が支払われる!

人身傷害補償保険の最大の特長は「損失額が確定したら、
示談交渉の完了を待たずに保険金を受け取れる」という点です。

示談交渉が長引くケースは珍しくありません。
例えば、人身傷害補償に加入していないまま、自動車同士の事故に遭い、
治療入院費や休業補償など自分の損害額が500万円に及んだとする。

過失割合が50:50なら、250万円を相手が対人賠償で負担、残り250万円は自腹(治療費は搭乗者傷害保険)などで
補償することになるますが、この金額は示談交渉が決着しないと決定しないため、
それまでの治療費や生活費などで、トラブルに陥るケースが増えます。
多分、相手から電話がかかってくるケースが増えると、精神的にも答えるでしょう。

しかし、人身傷害補償保険にもし加入していれば、自分の損害額が決まり次第、保険金が支払われる。

ただし、契約する際の補償金額が少なければ、大きな損害時には足りなくなってしまう。
この点を注意して加入しましょう。

家族が多いほど良い!?

人身傷害補償保険には、基本契約と『補償充実』の契約があります。
基本契約は、契約自動車に搭乗している人のみ補償します。
契約している自動車に乗っている人なら、家族、他人を問わず誰でも補償可。

補償充実契約は、契約車両以外の事故によるケガも補償します。

例えば、記名被保険者と同居の親族が、一時的に他の車両を運転、
またはミニバイクや自転車に乗っていた場合、歩行中、
バス、タクシーなどに乗車中も対象になります。

この契約は、「契約車両以外補償」「車外補償」など保険会社により
呼び方は異なりますので、注意しましょう。

加入すれば保険料は高くなるものの、かなり補償の幅が広くなり、普段の生活の味方になります。
さらに、基本的に「同居親族なら誰でもカバーされる」という点が良いです。
家族が2人でも10人でも保険料に変わりありません。

幼い子どもやお年寄りと同居しているなら、補償充実契約が絶対加入するべきです。

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

最新記事

  1. hokenguide_images015
    保険アドバイザーで有名なユキヨシケイコさんの保険比較ガイド2016年まとめ情報です。ユキ…
  2. 上皮内癌のがん患者が生命保険で助かったエピソードを見つけました。36歳の男性が、フコク生…
  3. 定期保険を比較する場合にはどのようなことがポイントになるのでしょうか?定期保険というのは…
  4. 逓減定期保険について興味深い記事を見つけました。定期保険に加入したのは29歳の時です。結…
  5. 夫が定期保険に加入したのは結婚してすぐの28歳の時です。どのように加入したらいいのかわか…

カテゴリー

ブログの紹介



名前:ミザール
職業:会社員
紹介:
会社員の視点で、生活に役立つ保険の情報を紹介。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

過去ログ

PAGE TOP