hokenguide_images002

保険料を無料にできる!?サラリーマンの最適な保険とは!?

保険料を無料にできる!?サラリーマンの最適な保険とは!?の詳細

スポンサードリンク

人生におカネの不安はつきものと言ってもよいかもしれません。

サラリーマンの20~30代の人たちはとくにおカネに関する不安が大きく、
しかも、その不安が漠然としているという傾向が見られます。
そのような人たちの心の拠り所となっているのが「保険」です。

多くの方は、おカネの不安はありつつも、具体的に何を、いつ、どうすればよいかまではピンときていません。
そのため、ある人はたまたま出会った保険の営業マンに勧められるがまま、
ある人はテレビなどで見たCMのイメージにつられて、「なんとなく保険に入っておく」という選択に
落ち着いてしまうのです。

保険が不安解消の手段となることは事実です。
保険の営業マンはその点をきっと強調するでしょう。
保険料が安い商品や、貯蓄率が高い商品を勧めることもあるはずです。

しかし、どのような商品であっても、保険に加入するということは、
保険料という新たな支出が増えるということです。
だとすれば、「どの保険に入るか」で迷う前に、「どうすれば保険料を安く抑えられるか」を考えるほうが
先ではないでしょうか。

そこで目を向けたいのが、正しく理解している人が意外と少ない、国や自治体、勤め先企業の制度です。

ポイント1、国や自治体による医療保障を活用

自分に万が一のことがあったときに、家族がおカネに困ってしまうのではないかと心配する人は多いことでしょう。
そのようなケースを想定して、国には「遺族年金制度」があります。

これは、年金に加入している人なら基本的には誰もが受け取れるものです。
受給額は納付者(死亡した人)の収入や遺された家族の構成などによって変わりますが、
たとえば収入が月30万円の会社員で、遺族が妻と子ども1人であれば、年150万円ほどの遺族年金が受け取れます。

大きな病気・ケガなどによって高額の医療費がかかったときには、健康保険の制度が活用できます。
100万円の医療費がかかったときに「医療費の3割は自己負担」と考え、
30万円かかると心配する人がいるかもしれません。
しかし、それは誤解です。というのも、健康保険の「高額療養費制度」によって
自己負担する医療費の上限(月あたり)が決まっているからです。

たとえば、年収500万円の人であれば、上限は月に約9万円。
上限を越えた分については、のちほど払い戻されます。
また、子どもの医療費についても、中学校卒業まで医療費が無料になる地域が多く、
高校卒業まで無料の市区町村もあります。

独自調査で東京23区内で、特に北区と千代田区が優遇さえている地域だと
判明しました。
優遇内容として、中学卒業時までなら入院・通院ともに無料ということです。
この地域に住んでいる方は、良いですね。

自治体 妊婦健診公費負担の回数 医療費助成の対象年齢 他のポイント(医療費関連以外も含む)
北区 14回 高校3年生まで ■子育て福袋/育児支援サービスの割引利用券等
■子育てにっこりパスポート事業/協賛店での割引や特典等
千代田区 14回 高校3年生まで(ただし入院時の食事は対象外) ■誕生準備手当/妊娠6ヵ月以上の妊婦に4万5000円支給(一律)
■次世代育成手当/16~18歳までの児童を養育する世帯に月額5000円支給(児童一人につき)
※医療費助成は対象外の治療もあります(例:交通事故など第三者行為)。詳細は各自治体のホームページページでご確認ください。

このような制度を活用すれば、民間の保険で備える必要性は小さくなり、
保険料も少なく済むはずです。
死亡保障の金額を考えるなら、遺族年金で足りない分を準備すればよいわけですので、
不要に高額な保険を避けて、保険料を安く抑えることができます。
医療保険についても、そもそも「大きな病気をしたら何十万もかかる!?」という心配はいりませんし、
上限の月額9万円が負担できるなら民間の医療保険が必要ないケースもあるのです。

ポイント2、勤め先企業の福利厚生制度を活用する

福利厚生というと「育児休暇が長い」「提携の宿泊施設が安く使える」といった点に
注目する人が多いかもしれません。
しかし、お金の不安解消という点で見ると、従業員や配偶者が出産したとき、病気をしたり、
死亡したとき、被災したときなどに企業から支払われる慶弔見舞金が大切。これも福利厚生の一部です。

就業規則に定めがあれば、従業員全員が対象になりますが、
企業によって金額が異なりますので、これを機に社内規定を確認してみるとよいでしょう。
たとえば、弔慰金(特別弔慰金)が年収の2倍だったり、中には3000万円を超す企業もあります。

民間の死亡保険を検討する場合も、弔慰金の額を知っておくことが大切です。
ある程度の金額が受け取れるなら、高額な死亡保障はいらないかもしれません。
また、在職中に死亡した場合には企業の退職金制度を通じて遺族に死亡退職金が支払われます。
その分も、保険で準備する死亡保障から差し引くことができるでしょう。

ポイント3 従業員が任意で加入・活用できる企業の保険を活用する

たとえば「団体定期保険」は、従業員やその家族が加入できる定期保険。
定期保険は、一定期間の死亡・高度障害に備える保険のことで、子どもの教育費などがかかる時期などの
保障を手厚くするために有効な商品です。

病気やけがの備えとしては「団体医療保障保険」というものがあります。
これも従業員や、その家族が加入できるものです。

いずれの保険も、民間の保険商品と比べると非常に保険料が安いというメリットがあります。
つまり、民間の保険商品を見比べる前に、勤め先の福利厚生制度を確認してみることで、
保険料負担を安く抑えることができるのです。保険や保障の詳細については人事部に聞いてみましょう。

この3つのポイントを活用できれば、将来的な医療費負担も減らせるかもしれません。
節約したお金を貯蓄・運用することで、保険よりも有利に必要な資金を貯められる可能性もあります。

保険は、医療費、教育費、老後の生活資金などに関する不安を解消するひとつの手段でありますが、
唯一の手段ではありません。
「不安だから保険」と、すぐに結論に飛びつくのではなく、不安をひとつのきっかけにして、
保険以外の選択肢も含めながらご自身やご家庭の家計を見直てみてください。

出典:東洋経済

スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

Sorry. No data so far.

最新記事

  1. hokenguide_images015
    保険アドバイザーで有名なユキヨシケイコさんの保険比較ガイド2016年まとめ情報です。ユキ…
  2. 上皮内癌のがん患者が生命保険で助かったエピソードを見つけました。36歳の男性が、フコク生…
  3. 定期保険を比較する場合にはどのようなことがポイントになるのでしょうか?定期保険というのは…
  4. 逓減定期保険について興味深い記事を見つけました。定期保険に加入したのは29歳の時です。結…
  5. 夫が定期保険に加入したのは結婚してすぐの28歳の時です。どのように加入したらいいのかわか…

カテゴリー

ブログの紹介



名前:ミザール
職業:会社員
紹介:
会社員の視点で、生活に役立つ保険の情報を紹介。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

過去ログ

PAGE TOP