hokenguide_images015

ユキヨシケイコ 保険比較ガイド まとめ2016年

ユキヨシケイコ 保険比較ガイド まとめ2016年の詳細

スポンサードリンク

保険アドバイザーで有名なユキヨシケイコさんの
保険比較ガイド2016年まとめ情報です。

ユキヨシケイコの保険ガイドと
保険完全ガイドを参考に、生命保険について調べてみました。

生命保険会社は、下記のように
多くの会社があります。
この中から、1つだけ選ぶということは、
なにかを参考にしないと難しいですよね。

生命保険会社一覧

■アイエヌジー生命■大同生命
■あいおい生命■太陽生命
■アクサ生命■チューリッヒ
■アクサグループライフ生命
■T&Dフィナンシャル生命
■朝日生命■東京海上日動あんしん生命
■アメリカンファミリー生命
■日本興亜生命■アリコジャパン
■日本生命■AIGエジソン生命
■ハートフォード生命
■AIGスター生命
■ピーシーエー生命
■オリックス生命
■富国生命■共栄火災しんらい生命
■富士生命■クレディ・スイス生命
■プルデンシャル生命
■ジブラルタ生命保険株式会社
■マスミューチュアル生命
■東京海上日動フィナンシャル生命
■マニュライフ生命
■住友生命■三井生命
■ソニー生命■三井住友海上きらめき生命
■損保ジャパンひまわり生命
■明治安田生命■第一生命
■大和生命

生命保険の選び方

生命保険を選ぶ基本ポイントは、6つです。
①どんな保障を
②いつまで
③いくら保障し
④いくらの保険料を
⑤いつまでに払い終わるのか
⑥いくら戻ってくるのか

情報源が増え自分で判断

農業協同組合新聞の情報によると、
生命保険の情報は、Webサイトやメディア情報が
増えたことで、自分で判断するということが
一般的になってきているようです。

生命保険の加入は、外交員の勧誘によるシェアが低下し、インターネット、ファイナンシャル・プランナー、保険ショップなどの新興チャネルのシェアが拡大しているといわれる。消費者の意識・行動にどのような変化があったのか。共済総研は2015年中に生命保険に加入した20代から50代の男女1571人を対象にインターネット調査を行った。
それによると、加入の検討をはじめたきっかけは、「家計の見直し」が29.2%でトップ。次いで「就職・転職」、「結婚」、「子どもの誕生」と続く。新規加入より、「家計の見直し」という既住者(既契約者)が多いことは、生命保険市場の変化を象徴的に示している。
一方、「外交員の勧誘」をきっかけとする人は16.5%で、「外交員と接触したことのある人(既住者)が多いにもかかわらず、予想以上に外交員が有効に接触していないことをうかがわせる」と分析。さらに新規加入者のうち、外交員が最初から接触した割合は1割にも満たない。
ただ、加入を検討する時点で参考にした情報源は、トップが「保険会社などの外交員」が3割以上と最も多く、「保険比較サイト・マネー情報サイト」、「保険会社や保険代理店のホームページ」など、インタ―ネット利用が続く。
さらに加入の最終決定では、やはり「保険会社などの外交員」であり、他を大きく引き離しているがそのシェアは42.1%で半数を下回る。生命保険文化センターの27年度調査ではこれが59.7%で、同じ調査の前回(平成24年度)の68.2%から10%近く減少している。
次に加入を検討したとき、複数の会社の保険商品を検討したかどうかについては、「比較した」人が53.2%で、「比較しなかった」人が39.4%。このなかで「比較しなかった」人の加入のきっかけは「外交員の勧誘」が最も多く25.7%。これを逆にして「外交員の勧誘」の人で、「比較しなかった」人が61.2%を占めた。つまり「外交員の勧誘で加入した人は、他社との比較をしない傾向がかなり高い」とみる。
こうした結果から、外交員とは接触せず、自ら情報収集し、保険商品を比較する人が少なからず存在することが分かった。湊上席研究員は「今年の5月には改正保険業法が施行され、消費者が比較情報を入手することが容易になるのは確実。保険事業者は消費者の意識・行動が変化して、商品比較する人が増えることを前提にすることが求められる」としている。

おすすめの保険相談

以下は有名な保険相談の紹介内容です。

生命保険ドットコム

生命保険の見直し&相談サイトで日本最大級を誇る【生命保険ドットコム】です。
生命保険は大きな買い物です。だからこそ、後で後悔しないためにも、ご自分の保障を無料相談で確かめてみましょう!【生命保険ドットコム】では全国の専門家ファイナンシャルプランナーが、中立公平な立場であなたに合った保険をご提案いたします!

保険マンモス

保険を含めた家計の見直しをファイナンシャル・プランナー(FP)と
無料で相談が出来る「FP紹介サービス」を全国展開しております。
無料相談では、お金の専門家であるFPが家族構成や家計の状況を一緒に確認し、
目標を実現するための具体的な保険プラン等を提案・実行のサポートをします。

それぞれバナーの画像から無料相談ができます。





生命保険ドットコム 保険マンモス
スポンサードリンク


この記事を読んでいる人は他にこんな記事も読んでいます。

Sorry. No data so far.

最新記事

  1. hokenguide_images015
    保険アドバイザーで有名なユキヨシケイコさんの保険比較ガイド2016年まとめ情報です。ユキ…
  2. 上皮内癌のがん患者が生命保険で助かったエピソードを見つけました。36歳の男性が、フコク生…
  3. 定期保険を比較する場合にはどのようなことがポイントになるのでしょうか?定期保険というのは…
  4. 逓減定期保険について興味深い記事を見つけました。定期保険に加入したのは29歳の時です。結…
  5. 夫が定期保険に加入したのは結婚してすぐの28歳の時です。どのように加入したらいいのかわか…

カテゴリー

ブログの紹介



名前:ミザール
職業:会社員
紹介:
会社員の視点で、生活に役立つ保険の情報を紹介。
にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ
にほんブログ村

過去ログ

PAGE TOP